Pocket

半導体テスト装置大手の株式会社アドバンテスト(東京都千代田区、代表取締役 兼 執行役員社長:黒江 真一郎)は、グローバルでの製品情報の一元管理の実現に向けた新システムの構築を目指し、PTC製PLM「「Windchill」の導入を決定した。導入にあたってのITパートナーは新日鉄住金ソリューションズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下 NSSOL)となる。

アドバンテストは、最先端の計測技術を、半導体の開発・製造をはじめ、エレクトロニクス、ヘルスケア、医療など幅広い分野をグローバルで展開している。同社は2011年の半導体試験装置メーカーVerigyの買収を機に、日本とドイツの製品開発拠点を横断するプロジェクト体制となった。そこで製品設計情報のグローバルな一元管理の検討が開始され、この度、新たなPLM(製品ライフサイクル管理)システムの導入を決定した。

同社は2年の期間を費やしPLMシステムの共通機構についてグローバルな合意形成を進め、今回Windchillに決定した。
その大きな理由として、生産方式など両拠点におけるビジネスプロセスの違いを許容する充実した機能や、グローバルで標準化されたPTC独自のアセスメント手法、さらに今後15年にわたり長期で活用できるシステムであるといったことが挙げる。また日本側とドイツ側との綿密な連携を可能とするシステム構築支援体制、加えて独自に所有するPLMシステム導入ノウハウ「NSBeats(エヌエスビーツ)」を高く評価し、ITパートナーとしてNSSOLを選択した。今後、日本とドイツ側の個別要件を加味して、順次に導入・移行を行っていく。

プロジェクトは2016年4月にスタートし、同年7月末にシステムの構想フェーズを終え、8月から要件定義フェーズに入っている。今後、日本側が先行してシステムの設計と製作を進め、2017年夏ごろに本格稼働を予定し、続いてドイツ側での設計と製作などを経て全面稼働する予定。

新システムにおいては、基本的には日本のデータセンタにデータを持ちますが、Windchillが持つレプリカの機能を活用することで、ドイツ側のシステム応答速度を高めることが可能になる。これにより、日独での製品設計情報の効率的な共有が可能となり、設計技術の一層のレベルアップ、部品購買業務の効率化などが期待されている。

出典:アドバンテスト、製品設計情報のグローバルな一元管理を目指し、 日独でPTC「Windchill®」を導入、新日鉄住金ソリューションズがプロジェクトを推進

Pocket