Pocket

IoTを推進するグループがまたひとつ誕生しました。

IoT共創ラボ

日本マイクロソフトや東京エレクトロンデバイスなどが主導するIoTビジネス共創ラボです。

マイクロソフトが提供しているMicrosoft AzureをベースにIoTソリューションを開発し、IoTの普及を進めていこうというグループのようです。

当初の参加メンバーは、半導体商社の大手でInreviumという自社ブランドで組込みモジュールの開発・販売も行っている東京エレクトロンデバイスを筆頭に、アクセンチュア、日本ユニシスなど10社。半導体から組込みモジュール、プラットフォーム、ソリューション開発まで、名だたる大手企業が顔を揃えています。

Microsoft Azureをベースに活動していくということで、会の方向性が明確で、具体的です。

しかも、日本マイクロソフトも積極的にバックアップしていく方向性を示しており、

動向に注目したいですね。

 

IoTビジネス共創ラボ発足 メディア各社のニュースはこちら

オートメーション新聞「日本マイクロソフト、東京エレクトロンデバイスなど10社 IoTビジネス共創ラボ発足 Azureベースに商機拡大 1年以内に100社参加目指す」

ITメディアエンタープライズ「「IoTビジネス共創ラボ」発足、日本マイクロソフトら10社が参加――「1年で100案件創出目指す」

インプレス クラウドWATCH「IoTプロジェクトを共同検証する「IoTビジネス共創ラボ」、日本マイクロソフトなど10社で発足」

ITPro「日本マイクロソフトがIoTビジネス共創ラボを発足、1年で参加企業100社まで増やす」

 

■オートメーション新聞発行「Industry4.0・IoTナビVol.1」ダイジェスト版を無料でプレゼント中です。

Pocket